カテゴリー : 気になったニュース

ヤマト運輸の震災復興支援基金が142億円

東日本大震災復興支援に向けた寄付について – ヤマトホールディングス

全国のみなさんの力で、合計142億3608万1360円にもなった寄付金。「宅急便ひとつに、希望をひとつ入れて。」という呼びかけのもと続けてきた宅急便1個につき10円の寄付は昨年3月31日をもって終了いたしました。

ヤマト運輸が震災復興支援で立ち上げた基金。荷物1個につき10円を寄付に充てたとのことですが、その総額が142億円強になったとのことで、ネット上で話題になっていました。その額は、ヤマトグループの純利益の約4割に相当する額とのこと。いろいろ経費を差し引いた利益の4割ということで、相当な額ですね。
続きを読む

月30万稼ぐ主婦も 古本転売「せどり」にはまる人びと(日経)

月30万稼ぐ主婦も 古本転売「せどり」にはまる人びと

■開店前のブックオフに行列する集団 東京・千代田区にある新古書チェーン、ブックオフ秋葉原店。6つのフロアからなる大型店舗の入り口には、朝10時の開店前から10人ほどの列ができている。スーツ姿の中年男性、バックパックを背負った学生風……。顔ぶれはさまざまだ。
開店時刻。店内になだれ込んだ彼らはエスカレーターを駆け上っていく。向かうのは4階の隅にある棚。単行本が105円で売られているお買い得コーナーだ。

スマートフォンなどのIT技術などの発達によって、一時期流行った?せどりも新たな進化を遂げようとしていますね。ブックオフなどの100円コーナーにはお宝が埋まっている的なことを、数年前にテレビか何かで見たような気がするのですが、それまではある程度の目利きが必要だったのですが、今ではバーコードをスキャンするだけで、その本の価値がわかるとあって、知識よりも人海戦術的な発想が必要になったといえるんでしょうね。

続きを読む

雇用流動化へ「40歳定年を」 政府が長期ビジョン(日経)

雇用流動化へ「40歳定年を」 政府が長期ビジョン

改革案の柱は雇用分野だ。60歳定年制では企業内に人材が固定化し、産業の新陳代謝を阻害していると指摘。労使が合意すれば、管理職に変わる人が増える40歳での定年制もできる柔軟な雇用ルールを求めた。早期定年を選んだ企業には退職者への定年後1~2年間の所得補償を義務付ける。社員の再教育の支援制度も作る。雇用契約は原則、有期とし、正社員と非正規の区分もなくす。

人材輩出企業と言われているような企業では、社内制度としてだいたい40歳くらいを目処に退職すれば、かなり多くの退職金がもらえて、それを元手に独立するなんていう制度があるようですね。たとえば、ひと昔前のリクルートとか。ただ、現在では、起業に対する敷居も低くなっているだけでなく、ITなどの活用で、さまざまなビジネスを行いやすくなっているので、こういう制度には個人的には賛成です。

続きを読む

マリオの新作が7/28に発売!

昨日任天堂3DSの新型機「ニンテンドー3DS LL」が発売されることが公開されましたね。DSのときと同じように、通常版を出したあとに、大型版という流れですね。年末にWii Uが発売されるめ、夏商戦での投入という形にしたんでしょうかね? また、それと同時にマリオの新作である「New スーパーマリオブラザーズ 2」、脳トレの最新作である「東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング」も同時発売されるとのこと。

「ニンテンドー3DS LL」7月28日発売 1.9倍大画面に

マリオの方は専用サイトも公開されていますね。

New スーパーマリオブラザーズ 2

続きを読む

【わが社のオキテ】社員表彰に「大失敗賞」 “栄誉”に込めた思い(SankeiBiz)

【わが社のオキテ】社員表彰に「大失敗賞」 “栄誉”に込めた思い

一般的に社長賞を設けている会社はそれなりにあると思うのですが、大阪府堺市にある太陽パーツでは、大失敗賞を設けているとのこと。日本では、一度失敗してしまうと、なかなか次のチャンスが与えられないことが多いなか、こういう制度を設けて、積極的に社員のチャレンジを後押しするような会社はいいですよね。

「大失敗賞」の選考基準は、何か新しいことに挑戦したうえでの失敗であること。たとえその失敗によって会社に幾ばくかの損失を与えたとしても、「会社は失敗を乗り越えるノウハウを得たことになり、今後の事業展開にとってプラスになる」との価値判断がこの賞のカゲにある。

続きを読む

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!