【わが社のオキテ】社員表彰に「大失敗賞」 “栄誉”に込めた思い(SankeiBiz)

【わが社のオキテ】社員表彰に「大失敗賞」 “栄誉”に込めた思い

一般的に社長賞を設けている会社はそれなりにあると思うのですが、大阪府堺市にある太陽パーツでは、大失敗賞を設けているとのこと。日本では、一度失敗してしまうと、なかなか次のチャンスが与えられないことが多いなか、こういう制度を設けて、積極的に社員のチャレンジを後押しするような会社はいいですよね。

「大失敗賞」の選考基準は、何か新しいことに挑戦したうえでの失敗であること。たとえその失敗によって会社に幾ばくかの損失を与えたとしても、「会社は失敗を乗り越えるノウハウを得たことになり、今後の事業展開にとってプラスになる」との価値判断がこの賞のカゲにある。

無難に生活していれば、無難以下な結果しか出せないのは誰が見ても明らか。そんななかで、失敗を恐れずに挑戦して、結果を残せればいいのですが、それには大きなリスクも伴う。こういう制度があるかないかにとらわれないで、チャレンジに寛容的な会社が存在することも確かですが、キチンと失敗を公表し、その失敗から学んだことを共有するといったことは大切かな?と思いました。


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!