【書評】仕事で成長し続ける52の法則(和田裕美)

仕事で成長し続ける52の法則

仕事で成長し続ける52の法則
和田裕美
日経BP社
売り上げランキング: 20055

■目次
第1章 仕事を高める法則1~25
働く姿勢/目標達成/コミュニケーション/情報との付き合い方/発想術/タイムマネジメント
第2章 キャリアアップのための法則26~39
仕事への覚悟/リーダーシップ
第3章 生き方を見直す法則40~52

■本の概要(出版社の紹介文より)
売れる営業には法則がある 成長する人には習慣がある” 和田裕美さんが実践した世界第2位の営業ウーマンになるための法則・習慣とは・・・? 日経ビジネスアソシエ好評連載「和田裕美のキャリアを磨くコミュニケーション作法」の中から、“仕事で成長し続けるための法則”をテーマに選りすぐりの52の法則を掲載。ビジネスパーソンの心に響く、和田さんならでは仕事のセオリーが学べます。 また、和田裕美さんを成長に導いた5つのアイテムも大公開。和田裕美さんオススメの本・DVD・愛用の手帳など、すべて見せます!

■ポイント
1.「一番にならなくてもいい」という言葉に惑わされない。

何かにおける一番を目指す 「一番にならなくてもいい」と言えるのは「一番を目指して精いっぱい頑張った人」だけです。上を目指してもいないのに、「負けてもいい」と言うのは、「勝負しないで人生を生きてもいい」という逃げの姿勢だと思うのです。(p.18)

何事にも挑戦しなければ、挑戦している人の気持ちはわからないし、頑張らない人には成長はない。さまざまな試行錯誤を続けるなかで、自分の向き不向きがわかるケースもあるので、まずは挑戦してみることが大切ですよね。それで、とことん頑張ってみてダメなら、ほかの一番を目指せばいいだけで……。また、あきらめクセ、負けクセがついてしまうと、なかなかそこから抜け出ることは難しいので、そうならないよう、さまざまな体験の波を経験しておくことが重要かな?と。外野の意見ばかりに影響されるのではなく、自身の信念を信じて挑戦してみることが大切ですよね。

2.恥ずかしがらず、自分の意見を相手に伝える

私は部下を教育する時、「知識をつけるだけでなく、それを人にアウトプットする力を身につけなさい。そのためには必要な表現力を磨くことが大事です」と言い続けてきました。実際、それができた人だけが、優秀な結果を残すのを見てきたからです。(p.50)

インプットとアウトプットの話。たくさんの情報があふれる現代において、インプットを行うことはそれほど難しくなくなったけど、アウトプットする方法は、準備が必要になるなど、いろいろと大変ですよね。ただ、人に話したり、文章に起こしたりすることで、そのインプットが脳内で整理されて、自分の血肉になるので、そのプロセスを欠いた場合、ただの情報の箱としかならない気がします。やはり、適度なアウトプットを心がけることが大切。また、それを習慣化することで、情報整理の能力が格段にアップするような気がします。

3.打たれることを覚悟して自ら「出る杭」になり続ける

会社は、必死で働く人もいれば、必死でサボろうとする人もいる、最高の学びの場所です。そんな環境の中で忘れてはいけないことは、誰が何を言おうと自分のと誰かを比較せず、どんな自分でありたいかを、絶えず意識することです。そうすれば嫌なことを言われても何が正しいか見えてきます。(p.90)

どんな自分でありたいかを意識することは大切だけど、たまにサボろうとする人に合わせるよう強要してくる会社も存在するわけで、そういう会社では、会社自体の将来性を疑問視せざるを得ないですね。会社としてのベクトルを揃えるなら、前進する方に揃えないといけないハズなのに残念な状態。日本の場合は、村意識が強いというか、そういう意識が強いので、経営者や管理職の人がきちんと、個々の社員の方向性を見つめながら、スムーズに進むようにしないといけないのに、できていない会社が多いような気がします。

■感想
日経ビジネスアソシエに連載中の著者のコラムのまとめ本ということで、52編の短編集を読んでいる感じで、サクサクと読みすすめることができました。テーマがそれぞれ決まっているので、必要な所はじっくり考えながら、あまり関係のない所はサクッと、という具合に……。ただ、この基準は、今の自分でしかないので、また、数ヶ月、数年経ったら変わっているだろう価値観なので、くり返し読み返すことができそうな内容でした。

■余談
たくさんの本を出されているだけあって和田さんの文章は読みやすい。さまざまな経験をされている著者ならではといった感じで心に響くような印象を受けました。

■関連情報
株式会社ペリエ(和田裕美メインサイト)
日経ビジネスアソシエ


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!