【コミック】黒子のバスケ 10(藤巻忠俊)

黒子のバスケ 10

黒子のバスケ 10 (ジャンプコミックス)
藤巻 忠俊
集英社 (2010-12-03)

著者:藤巻忠俊
出版社:集英社
初版発行:2010.12.03
連載期間:週刊少年ジャンプ 2009年2号~
ジャンル:少年漫画
カテゴリ:ジャンプ・コミックス
価格:400円+税
ページ数:200p
満足度:★★★☆☆

■目次
第81Q 始動!!!
第82Q 楽しんでいこーぜ
第83Q 宣戦布告お願いします
第84Q やっとだろうが
第85Q 一度でたくさんだ
第86Q 答えは一つに決まっている
第87Q 手強いなんてもんじゃねえ
第88Q 走るぞ!!
第89Q 待ってたぜ

■ストーリー(全般)
バスケットボールの強豪として知られる帝光中学校は、特に「キセキの世代」と呼ばれる10年に1人の天才が5人同時に存在していた時は、無敗を誇っていた。時は流れ、彼らはそれぞれ別の高校に進学するが、「キセキの世代」には奇妙な噂があった。彼らの中にもう1人、「幻の6人目」がいたと……。

■ストーリー(第10巻)
ついに始まったワールドカップ予選。インターハイ予選の上位陣がひしめく中、木吉復活の新生・誠凛始動!! リーグ戦前の4校を絞る戦いで、丞成と対戦する誠凛だが、火神が封じられ…。一方、緑間のいる秀徳はリーグ戦に駒を進め…。

■感想
前巻までの流れが良かった展開から一転。主人公たちの描写に戻った途端、なんか前に逆戻りといった感じ。別に悪くはないんですが、それほど良くもないといった感じ。まぁ、この主人公のワザ的なものの影響なのかもしれないですが……。まぁ、今回は通常回も織り交ぜながらということで、小ネタもふんだんに盛り込まれていましたね。激励のメールに対しての死ねという返信など、それぞれの性格がよく表れているような描写でした。黒子の新ワザ登場か?といった所で次巻へ。。。

■余談
やはり、キセキの世代だけではネタ切れ感があるからか、「無冠の五将」っていうのが登場しましたね。

■関連情報
週刊少年ジャンプ 公式サイト
黒子のバスケ アニメ公式サイト
黒子のバスケ キセキの試合


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!