【書評】マンガで入門! 会社の数字が面白いほどわかる本(森岡寛、渡邊治四)

マンガで入門! 会社の数字が面白いほどわかる本

マンガで入門!  会社の数字が面白いほどわかる本
森岡 寛 渡邊 治四
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 2023

■目次 プロローグ
就職が決まった!
第1章 銀行から最後通告! あと1年で会社が潰れる!?
第2章 財務改善プロジェクトが始動!
第3章 経理業務を合理化せよ
第4章 本当の数字は現場に行かないとわからない
第5章 原価率と在庫を改善せよ
第6章 売掛金を回収せよ
エピローグ あれから1年が過ぎて…

■本の概要(出版社の紹介文より)
食品製造メーカー真心絆食品に入社した新人の向井聡は、入社早々、社運を賭けた財務改善プロジェクトの実行担当に選ばれてしまう。与えられたミッションは、1年で1億円のキャッシュフローを改善すること。もし実現できなければ会社の存続がピンチに。社内の各部署からは煙たがられ、同期入社であこがれのマドンナからもライバス視されてしまう向井。果たして、向井はプロジェクトを首尾よく成功させ、会社の危機を救うことができるのか――。

■ポイント
#漫画のため省略。

■感想
本書の特徴にもありますが、ターゲットは「大学生や内定者、新入社員や若手ビジネスパーソン」ということで、基本的なことが中心ですかね。漫画ということで、ストーリーを中心に話が進むのですが、著者さんのこだわりが感じられるストーリーで、所々に笑える要素も込められていて、そういう感情の起伏があったほうが印象に残るし、財務諸表などを扱ったテーマとしては、難しい印象を与えてしまうようなほかの本と比較すると、工夫されている印象を受けました。まぁ、若干、現実離れしている感もありますが……。

■余談
内容的には、わかっていることばかりなので、ストーリーをサクッと漫画を楽しむという読み方をしてみたのですが、悪くなかったかな?と。これで、知らないテーマだったら、もうちょっと評価が良かったかもですが、財務諸表のことはわかっているので、費用対効果の評価になってしまったかな?と。

■関連情報
キャッシュフローマネジメント株式会社
株式会社M’s FACTORY
漫画家 渡邊治四(ワタナベジョン)公式サイト


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!