【映画】ダークナイト ライジング

ダークナイト ライジング

配給:ワーナー・ブラザース映画
公開日:2012.07.28
ジャンル:アクション
視聴劇場:TOHOシネマズ 六本木
鑑賞料金:1,300円(前売券)
上映時間:164分(CM:15分)
評価:★★★★★

■ストーリー
ゴッサム・シティを襲撃したジョーカーを倒した後、トゥーフェイスことハービー・デント検事殺害の罪をかぶり、街を離れたブルース・ウェイン。その8年後、再びゴッサム・シティに戻ってきた彼は、街の破壊をもくろむ新たな強敵ベインを前に、バットマンとして対峙する……。

■キャスト
クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、アン・ハサウェイ、トム・ハーディ、マリオン・コティヤール、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、モーガン・フリーマン

■感想
ヒーローものということもあり、何となく先が読める展開。まぁ、それがどういう演出で、どれくらいキチンと描かれているか?という視点で考察すると、文句の付けようのないほど、凝られていて良かったです。今年公開された洋画のなかでは1番ですかね。まぁ、最近の洋画はいかに低予算で作るか?ということに主眼が置かれているか?のような印象のなかで、キチンとお金と時間をかけて撮影なり演出なりをやっているなぁ~という印象で文句なしに良かったです。確かに、シリーズ三部作の最終話ということもあり、2作目と比較してしまうと、ちょっと落ちてしまう印象は否めないのですが、トータルとしても、単体としても文句なしにオススメできる作品でした。

■余談
話題作かつ週末ということで、どの劇場も今日明日ともに予約がかなり入っているといった状況で、今年に入ってからこのような状況になっているのは、テルマエロマエぶりというくらいの混雑具合。また、エンドロールが表示されたあとに、拍手が起こるのも久しぶりな感じでした。やはり三部作ということで、前作を観ているかどうかで、感じ方や奥深さが大きく異なるかな?といった印象なので、過去作を観ていない人は観てから、観ないで観た人は過去作を観る価値はあるかな?という感じでした。

■関連情報
「ダークナイト ライジング」、北米映画興収でトップ 乱射事件影響も
『ダークナイト ライジング』、初日3日間のオープニング興行収入で史上3位
『ダークナイト ライジング』 米ワーナー・ブラザーズ社が被害者に寄付
映画『ダークナイト ライジング』前売り券で2500万ドルを突破

 


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!