コンシューマソフト週間販売ランキング(2011/12/19~12/25)

「無双OROCHI2」20万本,「Gジェネレーション 3D」9万本などが登場の「週間販売ランキング+」。「マリオカート」&「マリオ3Dランド」はミリオン達成

3DS初のミリオン達成は、マリオカート&マリオランドということで、任天堂、相変わらずマリオ強いですね~。モンハンも出ていますが、現在88.5万本程度ということで、マリオには勝てない。ソニーやマイクロソフト、アップルもハードとしてはゲームを出していますが、独自コンテンツとして人気のあるゲームを出せるというのは、任天堂の強みですよね~。

マリオカート7
スーパーマリオ 3Dランド

ただ、Wii版のゼルダの新作が今回ランキングに入っていないのが気になるところ。やはり、据え置き型よりもモバイル型のハードの方がいいということなんでしょうかね? ソーシャルゲームなどを見ても、空き時間にプレイするというスタイルが根付いてくると、じっくりと家でやるというよりかは、Wiiなどはみんなで遊ぶものという印象が強い気がします。逆に、PS3とかは、ファイナルファンタジーなどが示す通り、一人でじっくり遊ぶというスタイルに定着しているような気がしますが、WiiとPS3の違いは、集団か個かの違いとか、そういう感じなんですかね?

ゼルダの伝説 スカイウォードソード

今週はクリスマス商戦を挟んだランキングとなっているわけですが、3DS本体が48万台に対して、PSP本体が10万台、PS Vitaが7万台ということで、PS Vitaが苦戦していますね。いろいろなニュース媒体でも、初速失敗だとか、3GモデルではなくWifiモデルが売れて、新しいビジネスを展開できなかったとか、厳しいことが言われていますね。

PS Vitaを購入するような層は、わざわざ毎月定額料金を支払ってまでドコモ回線いらないような人がほとんどだし、わざわざそのために毎月お金を払うのも……という感じでしょうから、当然の結果のようにも見えますが、今後、どうなっていくんでしょうね? また、魅力的なソフトがないのは、3DS発売当時と同じなので、それは仕方ないかな?と。

“不安な船出” SCEの新ゲーム機「PSヴィータ」

イナズマイレブン関連、9位と10位に並んでいますが、Wiiの方は、完全版ということで、半年くらい前に発売されたタイトルの増補版のようなタイトル。最近、レベルファイブは、ダンボール戦記といい、DSのイナズマイレブン3といい、本作といい、完全版を展開していますね。中古対策なのか、ソフトが思うように売れなかったのか、理由はあまり定かではないのですが、完全版が出ることが常になってしまうと、最初に出るときの初速が落ちるような気もするんですけどね~。CMやWebメディアなど、さまざまな所で大量宣伝していますが、その辺、うまく回収できるのかな?とも思いつつ、今後の展開に注目ですね。

イナズマイレブン ストライカーズ 2012 エクストリーム


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!