【コミック】銀の匙 Silver Spoon 4(荒川弘)

銀の匙 Silver Spoon 4

著者:荒川弘
出版社:小学館
初版発行:2012.07.18
連載期間:週刊少年サンデー 2011年19号~
ジャンル:学園漫画
カテゴリ:少年サンデーコミックス
価格:419円+税
ページ数:192p
満足度:★★★★☆

■目次
第27話 夏の巻⑰
第28話 夏の巻⑱
第29話 夏の巻⑲
第30話 夏の思い出(前編)
第31話 夏の思い出(後編)
第32話 秋の巻①
第33話 秋の巻②
第34話 秋の巻③
第35話 秋の巻④

■ストーリー(全般)
北海道に所在する大蝦夷農業高等学校(おおえぞのうぎょうこうとうがっこう、通称:エゾノー)は、農業に従事することを目指す農家の子供が多く通う学校であった。 進学校として名高い中学出身でありながら、低偏差値校であるエゾノーにわけあって入学した八軒勇吾は、他のエゾノー生徒たちの多くが明確に将来の夢を持つ中、一人だけ何も夢を持っていないことに焦燥を感じ始める。高校としては日本一の広大な敷地面積を持ち、動物と自然に囲まれ、1年生の間は全寮制という慣習を持つエゾノーで、八軒の青春の日々が始まる。

■ストーリー(第4巻)
命をいただく。そんな大仰なことじゃない。でも、とっても大切なこと。豚舎で可愛がっていた豚の豚丼が肉になって帰ってきた。そして八軒は、学ぶ。命の重さを。その手で、その目で、その胃袋で…… そして季節はめぐる。夏から秋へ…… マンガ大賞2012大賞受賞作!1~3巻で累計280万部突破の大ヒット酪農青春グラフィティ最新巻!
心にしみる美味しさ。心に残る命の重さ。

■感想
著者が実際に農業高校を出ていて、農家の娘であるからこそ、ここまで描けるんだなぁ~と改めて感じる1冊。ハガレンは彼女を有名にするための処女作だとすれば、その努力があったからこそ、本当に彼女でしか描けない作品、しかも、ヒットという形へと繋がっているのかな?と思いました。豚を買い取った主人公がそれをさまざま調理して食べる、さまざまな人に配る、前半の話としてはそういうことなんだけど、それが命の重みというか、主人公の成長とシンクしていて、うまく伝わっているなぁ~と思いました。

■余談
そろそろアニメ化とかされないかな? ちなみに、このタイトル付け。春夏秋冬の2巡目とかあった場合はこの名前付けられないので、どう変わっていくんだろう?と。まぁ、タイトル関係ないよ的な感じなら、別にどうでもいいことなんですけどね。

■関連情報
銀の匙 Silver Spoon


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!