【書評】リブセンス<生きる意味> 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事(上阪徹)

リブセンス<生きる意味> 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事

リブセンス<生きる意味> 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事

■目次
はじめに 25歳の最年少上場社長から学べること
第1章 人を幸せにするビジネスモデル
第2章 起業を決意した高校時代
第3章 ベンチャーキャピタルはすべて断る
第4章 器用じゃないから乗り越えられた
第5章 上場は当然の通過点
第6章 最年少上場社長はどう育ったか
第7章 人を幸せにするのは自分のため

■本の概要(出版社の紹介文より)
お金よりも幸せ。成功よりやりがい。「ごく普通の25歳」が最年少上場を果たせた理由とは?大学1年での創業から5年でマザーズ上場。快進撃を続けるトップの素顔に迫る。

■ポイント
1.100社以上の競合に真似されても負けない理由

本当に「顧客の幸せ」を考えてビジネスを行ってきた、ということだ。100社以上もの競合が参入したということは、「学生ができるのだから簡単に真似ができるだろう」といった思惑もあったのではないか。だが、実際には、簡単には真似ができなかった。なぜなら、リブセンスは、本気で「顧客を幸せにしたい」と考えてきたからだ。(p.32)

「ノウハウの蓄積」と「先行者利益」がキーワードとのこと。これは、IT業界ではよく言われることですね。1位と2位の差が果てしなく遠いような……。まぁ、学生のアイディアと考えるのか、競合他社のアイディアと考えるのかでもう勝負はついていると思うのですが……。ただ、こういう若い層がどんどん新しいことを実践していくなかで、老害を撲滅し、健全な競争が生まれていくといいですよね。

2.「起業なんて無理だ」といわれなかった

それまで商品開発などのプロジェクトストーリーをたくさん見たり読んだりしてきて思ったのは、ビジネスの一番の魅力は世の中の課題を解決できることではないか、ということでした。不便だと思うものを解決するのがビジネスの基本だと。そこには“納得感”があったんです。(p.54)

あとは、いかにWin-Winにもっていけるか。以前のような金銭を軸とした価値観から評価経済へと変わるなかで、どこまで利益を確保し、どこまでをお客さんに還元するのか、その線引きが難しくなってきているのかな?と思う一節。

3.大きな会社を目指すなら上場は当然のこと

史上最年少上場というのは、おそらく思いつきで書いたんだと思います(笑)。記録はあまり気にしていませんでしたが、上場することは、大きな会社を目指すなら当然のことだと思っていました。もともと、たくさんの人に喜んでもらって、世の中に大きな影響を与える会社を作りたいと思っていたわけですから。(p.145)

上場することを目標にして、巨万の富?を得て、さらに発展させられればいいのですが、安易に知名度の低い市場に上場して、その後、業績悪化して上場廃止となってしまう企業も多いですよね。そんななかで、一部への鞍替えということで、ほかの企業とは一線を画しているという印象ですね。まぁ、一部上場しているからといって安泰ではなく、いまや一部上場の有名企業でもシャープなどのように経営悪化でこの先どうなるんだろう?と思わせられる企業も多いですからね。

■感想
本書の帯にサイバーエージェントの藤田社長が「こんなにまっとうに育った起業家が増えれば、起業家のイメージも変わる」という言葉が綴られていますが、本書の中にも藤田氏の著書が出てきて、それを目標に頑張ってきた村上さんの姿勢が表現されていて、それがシンクしているのかな?と。まぁ、サイバーエージェントやライブドア、MixiやGREEなどと比較すると、もう一世代下の層になるんでしょうが、デジタルネイティブ時代の新しい社長の姿として、起業や上場に至るまでのさまざまなことがうまくまとめられていました。ただ、本人の著書によるものではなく、インタビューによる他者執筆なので、ほかの起業本のような熱量が感じられなかったのは残念でした。

■余談
本書発刊時にはマザーズの史上最年少記録保持者だったのですが、その後今年の10月から東証一部への鞍替えということで、そちらでも最年少記録更新のようですね。ただ、IT業界、Mixiの時価総額も既に抜き去っているようですが、コンプガチャ問題での各社の株価急落などを見ても、常に新しいビジネスモデルへのチャレンジが必要となってくるわけで、趣味は仕事として今後、どこまで新しいアイディアを生む出し続けつつ、いかに人材を育てていけるかがキーになりそうですね。

■関連情報
株式会社リブセンス – Livesense Inc.
第13回 『書いて生きていく プロ文章論』 上阪徹さん×藤井大輔さん


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!