【ゲーム】任天堂3DS

任天堂3DS

ニンテンドー3DS アイスホワイト
任天堂 (2011-11-03)
売り上げランキング: 10

現在、アクアブルー、コスモブラック、フレアレッド、ミスティピンク、アイスホワイトの5つのカラーバリエーションが発売されていますが、私は白が欲しかったので、7月28日に1万円値引きのニュースが発表されたあとも、11月まで待ちました、まぁ、それほど楽しみなゲームがあったわけではないですしね。

11年8月ゲーム販売 : 「ニンテンドー3DS」販売台数値下げ前の約2.6倍 市場規模も6カ月ぶりプラス

ただ、最初はソフトがないからと誤解していたのですが、実は、本体でも楽しめる機能が用意されていて、それだけでも持ち歩くのが楽しみになっています。具体的には、すれ違い通信。12月上旬に本体更新が行われ、さらに、その要素もパワーアップしています。

すれ違いMii広場

普段本体の電源が入って蓋を閉じた状態であるスタンバイモードで、WiFiの設定していない箇所では、すれ違い通信モードがオンになっていて、3DSを持っている人通しがすれ違うとすれ違い通信の機能で、登録してあるソフトのデータ交換が行われるというもので、すれ違いMii広場を登録しておくと、すれ違った人とジグソーパズルのパネルを交換できる(ピース集めの旅)やすれ違った人のキャラクタを使って敵を倒していくすれ違い伝説などが楽しめます。年末の更新ということもあり、すれ違った人の地域を塗りつぶすものや新しいパネルが追加されるなど、移動を想定したものが多くなり、より楽しめるようになりました。

すれ違い通信は、すれ違う相手がいてはじめて楽しめるもので、これからどんどん普及していけば、もっとすれ違う人が増え、楽しめる要素が増えていくという流れになりますね。この辺は、任天堂ならではなのリアルとゲームを結びつけたワクワク感のような気がしました。

 

■関連情報
任天堂の選択をゲーマーはどう受け止めたのか――「ニンテンドー3DSの値下げに関するアンケート」結果発表
「マリオカート7」42万本,3DS本体も20万台を販売。「機動戦士ガンダム EXTREME VS.」は約35万本のヒットとなった「週間販売ランキング+」
『MH3(トライ)G』はさすがの人気! 3DS本体は軽々と累計300万台を突破
任天堂の宮本茂氏「引退」を語る


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!