【演劇】レ・ミゼラブル

レ・ミゼラブル

公開日:2013.04.23~07.10
ジャンル:演劇
視聴劇場:帝国劇場
鑑賞料金:11,000円(プレビュー公演、S席)
上映時間:165分(幕間:25分)
評価:★★★☆☆

■ストーリー
1815年10月のある日、75歳になったディーニュのミリエル司教の司教館を、ひとりの男が訪れる。男の名はジャン・ヴァルジャン。貧困に耐え切れず、たった1本のパンを盗んだ罪でトゥーロンの徒刑場で19年も服役していた。行く先々で冷遇された彼を、司教は暖かく迎え入れる。しかし、その夜、大切にしていた銀の食器をヴァルジャンに盗まれてしまう。翌朝、彼を捕らえた憲兵に対して司教は「食器は私が与えたもの」だと告げて彼を放免させたうえに、二本の銀の燭台をも彼に差し出す。それまで人間不信と憎悪の塊であったヴァルジャンの魂は司教の信念に打ち砕かれる。迷いあぐねているうちに、サヴォワの少年プティ・ジェルヴェの持っていた銀貨40スーを結果的に奪ってしまったことを司教に懺悔し、正直な人間として生きていくことを誓う。

■キャスト
キム・ジュンヒョン、福井晶一、吉原光夫、川口竜也、吉原光夫、福井晶一、知念里奈、和音美桜、里アンナ、笹本玲奈、昆夏美、平野綾、綿引さやか、上原理生、野島直人、青山郁代、磯貝レイナ、若井久美子、山崎育三郎、原田優一、田村良太

■感想
やはり映画版とは違い、生での演出、演奏での展開は、心がより動かされるといった印象でした。映画版と比較すると、いくつかカットされているシーンがあったりする反面、日本語で、かつ舞台上でさまざま変わるセット、光やスモークの演出など、さすがといった印象でした。

■余談
満席で、若干?補助席も出ているような状況でした。

■関連情報
平野綾、新しい「レ・ミゼラブル」で飛躍を誓う
レ・ミゼラブル 奇跡と軌跡(3) 演出・配役一新 続く挑戦
華原朋美、『レ・ミゼラブル』劇中歌リリース! 鬼気迫る表情のMVも解禁


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!