フレッツ光の解約

最近何かと、高くない……というCMを見るのですが、フレッツ光が新規加入者を対象に2年契約を前提に値下げを行っているようですね。個人的には、何年か使ってきたわけですが、あまりメリットを感じないので、このたび解約することにしました。

プロバイダとの契約なのに、解約するときは、プロバイダでのコース変更だけでなく、NTT東日本との解約もしなければならないという不親切さに加え、電話でしか解約できない。また、その電話も全然つながらない……という状況。なんだか、インターネット上のサービスで解約するのが面倒なサービスはいくつかありますが、それ以上に、9:00~19:00しかダメ、かつ、電話でないとダメ、しかも繋がらない……という状況でした。

結局さまざまな販促策が失敗に終わり、auなどはiPhoneとのセット契約で割引にするなど勢力を拡大していくなかで、NTTとしても最後の販促手段だったんでしょうかね。それにしても、ユーザーフレンドリーさを感じられない対応にガッカリな感じで、解約してみてよかったと改めて感じました。

また、電話のアナウンスも解約にもっていくまですごく長い時間、自動音声を聞かなければならないし、そのあとのコールも全然つながらない。何日かに分けて何度かかけて20分くらい待ってやっと繋がったような状況でした。解約用の回線って1回線かそれ未満(ほかの案内と共用とか)なんでしょうね。

電話がつながったらつながったで、そのあとも大変でした。オペレータの人も悪気はなく、マニュアルに沿って聞いているのかと思いますが、次どこに乗り換えるだとか、どういう回線だとか、モデムの返却品の発送まで1週間以上かかるとか、当社のサービスに何か不満な点でもとか、そういうことを聞かされる、最後の最後までいらだたせられるような印象でした。もっとお客さま目線のサービスを心がけないと、新たなサービスが出てきたら、どんどん解約者が増えるのでは?とそう感じるやり取りでした。

そもそもインターネットが社会的なインフラになってきている以上、今の料金体系は、電話や電気、水道などと比較すると、まだまだ割高なわけで、もうちょっと思い切った値引きやサービスの向上などがあってもいいのかな?と思いました。

■関連情報
引越で1番大変だったのは、NTT東日本の解約でした
『フレッツ&ocnの解約で不快な思い』 のクチコミ掲示板
NTT東西「フレッツ光」値下げ 解約歯止めへ


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!