【コミック】社長 島耕作 14(弘兼憲史)

社長 島耕作 14

社長 島耕作(14) (モーニング KC)
弘兼 憲史
講談社 (2013-01-23)

著者:弘兼憲史
出版社:講談社
初版発行:2013.01.23
連載期間:週刊モーニング 2008年No.26~
ジャンル:成年漫画
カテゴリ:週刊モーニング
価格:542円+税
ページ数:192p
満足度:★★☆☆☆

■目次
STEP 149 Feels Like the First Time
STEP 153 So Many Ways
STEP 154 Crazy About Her
STEP 155 Love Will Conquer All
STEP 156 Dirty Laundry
STEP 157 Some Kind Of Wonderful
STEP 158 Don’t Close Your Eyes
STEP 159 Invincible
STEP 160 Just Remen\mber I Love You
少年島耕作
STEP 150 Hold Me, Thrill Me, Kiss Me
STEP 151 U Didn’t Get to Sleep at All
STEP 152 Ride Like the Wind

■ストーリー(全般)
初芝電産専務取締役として五洋電機との経営統合を先導した島耕作は、それに伴い新設された持ち株会社、初芝五洋ホールディングスの初代社長に就任する。しかし、直後に発覚した初芝電子部品のMBO騒動を皮切りに、続々と舞い込む難題の数々。突如訪れた経済危機のなか、島耕作の社長としての手腕が問われる。

■ストーリー(第14巻)
「永遠の恋人」大町久美子と籍を入れた島耕作。その新婚生活は癌に冒された久美子の闘病を支えることから始まった。テコット社長として、躍進する海外メーカーに対抗すべく、国内の電機業界再編の旗振り役をつとめながら、ライバル会社・ソラーの新社長とのつばぜりあいを演じる。そんな中、尖閣諸島の国有化問題をきっかけに沸き起こった中国の反日暴動が拡大していった。高校時代の初恋を描いた少年編も収録された豪華最新巻!!

■感想
ほかのシリーズと比較して、社長編は延々と引き延ばされているような本作。やはり社長がテーマということと、パナソニックが低迷していることなど、さまざまな要因のもと、薄い内容の回が相変わらず続いているといった印象ですね。ほかの今どきのIT社長などをテーマにしたこういう作品があってもいいとは思うのですが、なかなか原作が難しいし、それを描く漫画家さんがいないんでしょうね。そういう作品が読んでみたいなぁ~と思いつつ、漫画ではないのですが、来月発売のサイバーエージェントの藤田社長の著書「起業家」に注目ですかね。

■余談
NHKでアニメというか、島耕作をテーマにした番組が放送されるとのことです。

■関連情報
連載30周年「島耕作」ついに社長辞任へ 次は「会長」か「無職」かネットで話題
アニメの島耕作がナビする経済番組、キャストは唐沢寿明
「島耕作」弘兼憲司が密着したアジアで戦う日本人経営者たち


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!