【映画】ラストスタンド

ラストスタンド

配給:松竹=ポニーキャニオン
公開日:2013.04.27
ジャンル:
視聴劇場:TOHOシネマズ 六本木
鑑賞料金:1,000円(ファーストデー)
上映時間:107分(CM:16分)
評価:★★☆☆☆

■ストーリー
元LAPDの敏腕刑事オーウェンズ。第一線を退き彼は国境付近の小さな街の保安官になり静かな週末を過ごしていた。そこにFBIから一本の電話が入る。移送中の凶悪犯罪者が逃亡し、最新鋭の車を操り時速300キロでメキシコ国境に向かっているという。軍隊並みに訓練された仲間のサポートでFBIを振り切り、もうすぐこの町を通過するというのだ。彼は戦闘経験の無い部下と、素人同然の仲間でチームを結成。最新鋭の凶悪武装集団に対し、保安官と彼を慕う四人の仲間達は「俺達が最後の砦だ!」と結束する。武器ナシ、応援ナシ、あるのは4人の仲間と奇策のみ。最後の砦に勝ち目はあるのか!?

■キャスト
アーノルド・シュワルツェネッガー、フォレスト・ウィテカー、ジョニー・ノックスヴィル、ホドリゴ・サントロ、ジェイミー・アレクサンダー、ルイス・ガスマン、エドゥアルド・ノリエガ、ピーター・ストーメア、ザック・ギルフォード、ジェネシス・ロドリゲス

■感想
アメリカ映画といった印象。カーアクションと銃による打ち合いといった感じのアクション映画でした。その分、ストーリーもシンプルでわかりやすいし、シュワルツェネッガーが好きな人向けといった印象で、久しぶりの主演作ということで、往年のファン向けといった感じなんでしょうかね。映像のテイストも西部劇っぽく、古い印象で、その印象がうまくマッチしていたような感じでした。ただ、年には勝てないかな?という印象と、最近、昔の俳優連れてきて、それで動員集めようとする手法が流行っているようですが、どこまで興収に結びつくかどうかについては、疑問ですが。

■余談
公開5日目のファーストデー、劇場の入りは7割程度でした。

■関連情報
アーノルド・シュワルツェネッガー : 「ラストスタンド」主演 「クールだと一流らしく見える」
注目映画紹介 : 「ラストスタンド」シュワちゃん10年ぶり主演作 喜怒哀楽を表に出す保安官役
「ラストスタンド」公開記念“第1回東京国際シュワ映画祭”開催!


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!