【映画】そして父になる

そして父になる

配給:ギャガ
公開日:2013.09.28
ジャンル:ドラマ
視聴劇場:ユナイテッドシネマ 豊洲
鑑賞料金:1,000円(会員デー)
上映時間:120分(CM:15分)
評価:★★★☆☆

■ストーリー
学歴、仕事、家庭。自分の能力で全てを手にいれ、自分は人生の勝ち組だと信じて疑っていなかった良多。ある日病院からの連絡で、6年間育てた息子は病院内で取り違えられた他人の夫婦の子供だったことが判明する。血か、愛した時間か―突き付けられる究極の選択を迫られる二つの家族。今この時代に、愛、絆、家族とは何かを問う、感動のドラマ。

■キャスト
福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー

■感想
仕事にかまけて家庭を奥さんに子育てを任せている父親が見る映画といった印象でした。ターゲットはまさにそういう父親ですかね。間の取り方が巧いというか、その間にいろいろと考えさせられる要素が詰め込まれているといった具合で、絶妙な印象でした。ただ、ラストは、そこで終わり?といった感じで、もうちょっと膨らませてもらいたかったというのが正直なところでした。

■余談
公開1週間後、劇場の入りは割程度でした。

■関連情報
もしも愛する我が子が、他人の子だったら…実録ドラマ「ねじれた絆」
『そして父になる』が描いた「赤ちゃん取り違え」 実際に起きたら?
是枝裕和監督『そして父になる』参考文献を巡るトラブル勃発


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!