【映画】ダイアナ

ダイアナ

配給:ギャガ
公開日:2013.10.18
ジャンル:伝記
視聴劇場:TOHOシネマズ 有楽座
鑑賞料金:1,300円(前売券)
上映時間:113分(CM:18分)
評価:★☆☆☆☆

■ストーリー
1997年8月、交通事故により36歳の若さで他界したダイアナ元英皇太子妃の半生をナオミ・ワッツ主演で映画化。王室を離れたダイアナがひとりの女性として自立していく姿を描く。20歳でチャールズ皇太子と結婚し、その後ふたりの王子を出産したダイアナ妃。しかし、夫の不倫や王室との確執、マスコミとの攻防で傷つき疲れ果て、離婚を決意する。絶望を抱える中、人命救助に打ちこむ心臓外科医ハスナット・カーンとの出会いを経て、世界を変えようと地雷廃絶運動などに熱心に取り組んでいく。

■キャスト
ナオミ・ワッツ、ナヴィーン・アンドリュース

■感想
なんだか、ストーリーが男性として、つまらないという印象。確かに、ダイアナ妃のファンで、女性の視点で考えるとわからなくもないかな?とは感じなくもないのですが、全体的に描写のバランスとか、もう少し工夫のしようがあったのでは?というのが正直な感想。ターゲットが限られるし、あまり前知識なく見ようとすると、場合によっては、途中退席したくなるような雰囲気があるかも?といった感じでした。

■余談
公開初日。劇場の入りは4割程度でした。

■関連情報
映画『ダイアナ』監督が感じたイギリス王室、そしてダイアナ妃の魅力とは?
映画『ダイアナ』の撮影秘話 / オリヴァー・ヒルシュビーゲル監督を直撃インタビュー【最新シネマ批評】
「現実的に描きたかった」“ダイアナ”を演じたナオミ・ワッツが語る


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!