【映画】人類資金

人類資金

配給:松竹
公開日:2013.10.19
ジャンル:ドラマ
視聴劇場:丸の内ピカデリー
鑑賞料金:1,300円(前売券)
上映時間:140分(CM:16分)
評価:★★☆☆☆

■ストーリー
M資金を盗み出せ!世界経済を揺るがす禁断のマネーゲームがいま始まる。
M資金詐欺を繰り返す真舟の元に、ある時一人の男が現れ「財団が待っています」と告げる。財団とはM資金を管理運営している日米の秘密機関の俗称だった。「M資金は本当にあるのか?」半信半疑の真舟だったが、次々に起こる異常事態に巻き込まれ、この秘密資金を巡る争いに引き寄せられていく。果たして、真舟たちの運命は?そして“M”の本当の目的、M資金の本当の意味とは一体なんなのか?

■キャスト
佐藤浩市、香取慎吾、森山未來、観月ありさ、石橋蓮司、豊川悦司、寺島進、三浦誠己

■感想
少しストーリーが強引かな?という印象。展開は悪くないのですが、まあないというか、無理矢理ツギハギされたような印象で、あまり感動しないというか、強引にいろいろな要素を詰め込んでいる?せいか、つまらなかったという印象でした。切り口や俳優を若干変えれば、もっと変わっていたかも?と思ったりもするのですが、どうなんでしょうかね?

■余談
公開2日目。劇場の入りは2割程度でした。ピカデリーは久しぶりだったので、そこで流れるCMは普段の劇場と違う内容で新鮮でした。

■関連情報
【対談:福井晴敏×阪本順治】映画『人類資金』が投げかける、日本経済への疑問符
もしあの埋蔵金“M資金”があったら…? 男気あふれる『人類資金』に胸打たれる
森山未來&阪本順治監督 4ヵ国で敢行した『人類資金』撮影を振り返る


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!