【映画】パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海 3D

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海

配給:20世紀フォックス映画
公開日:2013.11.01
ジャンル:ファンタジー
視聴劇場:TOHOシネマズ 六本木
鑑賞料金:1,300円(ファーストデー+3D料金)
上映時間:106分(CM:14分)
評価:★★★☆☆

■ストーリー
少年パーシー・ジャクソンは、ギリシャ神話の〈海の神〉ポセイドンと、人間との間に生まれた半神。現代に甦ったギリシャ神話の世界で、神の血を引く少年パーシーに“魔の海”が牙をむく。世界を破滅の危機に陥れたのは、かつてパーシーの父ポセイドンがゼウスとともに封印した先代の神々の王クロノスだった。復活を企むクロノスの邪悪な力を止められるのは、“魔の海”に隠された〈黄金のブランケット〉だけ。パーシーは突如現れた、弟を名乗る一つ目サイクロプスと共に、ブランケットを求めてギリシャ神話の魔物たちが跋扈する<魔の大海原>へと乗り出していく……!

■キャスト
ローガン・ラーマン、ネイサン・フィリオン、ジェイク・アベル、ミッシー・パイル

■感想
久しぶりの3D作品。最近、数大幅に減っていますね。そんななかでの視聴でしたが、本作のようなファンタジー作品は3Dに合っているなぁ~と新ためて実感。ハリーポッターに雰囲気は似ているものの、ストーリーが複雑ではないので、映像やその場その場のアクションを楽しむことができるかな?と思いました。ただ、テーマが全体的に薄い感じなので、読後感というか、視聴後に何か残るといった類いのものではないのは少し残念な印象でした。

■余談
公開初日。劇場の入りは6割程度でした。

■関連情報
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海
映画『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』~友情から恋愛に進展するための3つのポイント
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 魔の海


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!