【映画】かぐや姫の物語

かぐや姫の物語

配給:東宝
公開日:2013.11.23
ジャンル:アニメーション
視聴劇場:TOHOシネマズ 錦糸町
鑑賞料金:-円(フリーパスポート)
上映時間:137分(CM:11分)
評価:★★★☆☆

■ストーリー
姫の犯した罪と罰。高畑勲による14年ぶりの監督作品「かぐや姫の物語」。誰もが知っている“かぐや姫”を題材に、筋書きを変えることなく、誰も見たことのない“かぐや姫の日常や心情”を描くことで、かぐや姫を感情移入さえ可能な人物として人の心に残そうとします。かぐや姫はなぜ地球に来たのか。この地で何を思い、なぜ月へ去らねばならなかったのか。姫が犯した罪とは、その罰とはいったい何だったのか――。日本最古の物語文学「竹取物語」に隠された人間・かぐや姫の真実の物語を、高畑勲による全く新しいアニメーション表現で描きます。

■キャスト
朝倉あき、高良健吾、地井武男、宮本信子、高畑淳子、田畑智子、立川志の輔

■感想
もともとは二本立ての予定で制作されていたうちの1本という位置づけ。途中で、宮崎監督の最終作ということになったことなどの影響で、こちらが夏から秋に公開延期になっていました。ジブリだし、竹取物語なので、ストーリーとしては王道で、特にどうこういう話ではないですが、水彩画をベースにした珍しいアニメーションで、満足してみることができました。

■余談
公開1週間後、劇場の入りは4割程度でした。

■関連情報
映画「かぐや姫の物語」で解く『竹取物語』の謎。その1「身分の低さと結婚のルール」
「かぐや姫の物語」最大のミステリー? 御門のアゴはなぜ長い
「かぐや姫の物語」7つの見どころ。高畑勲監督はまだまだつくり続けたかったのか


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!