【映画】マラヴィータ

マラヴィータ

配給:ブロードメディア・スタジオ
公開日:2013.11.15
ジャンル:ドラマ
視聴劇場:TOHOシネマズ 川崎
鑑賞料金:-円(フリーパスポート)
上映時間:111分(CM:13分)
評価:★★☆☆☆

■ストーリー
フランスの田舎町に引っ越してきたブレイク一家は、一見ごく普通のアメリカ人だが、実はとてつもない秘密を隠し持っていた。主のフレッド・ブレイクは泣く子も黙る元マフィアで、家族ともどもFBIの証人保護プログラムを適用され、偽名を名乗って世界各地の隠れ家を転々としてきたのだ。一家は町に溶け込もうとするが、妻マギーとふたりの子供も行く先々でトラブルを起こしてしまう。やがてフレッドに積年の恨みを抱くマフィアのドンが、彼の居場所を突き止めて恐怖の殺し屋軍団を現地に派遣。かくして“ファミリー”VS.“ファミリー”の仁義なき壮絶バトルの火蓋が切られるのだった!

■キャスト
ロバート・デ・ニーロ、ミシェル・ファイファー、トミー・リー・ジョーンズ、ディアナ・アグロン

■感想
なんだかストーリーがつまらなかったです。小ネタのアクションを楽しむといった感じの作品でしょうか。

■余談
公開2週間後、劇場の入りは2割程度でした。

■関連情報
ロバート・デ・ニーロ、豪華BIG3初コラボの『マラヴィータ』を語る
北大路欣也が軽妙ナレーション!「マラヴィータ」テレビスポット公開
「マラヴィータ」公開 ”最強ファミリー”仁義なきバトル!


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!